地下洞窟で起きた事故の事例を貼っていく

norbert-von-niman-372598-unsplash

地下洞窟で起きた事故の事例を貼っていく
1: 名無しさん 2018/06/29(金)19:12:08 ID:KIn
コピペに加筆と参考を入れた程度のもんやけど暇つぶしに読んでや

2: 名無しさん 2018/06/29(金)19:13:05 ID:KIn
1.モスデール洞窟

 1967年、ジョン・オグデンと5人の仲間たちは、イギリスのモスデール洞窟の地図にもない地域の地下3.2キロを潜っていた。そのとき地上では、雨が降り始めていた。

 オグデンたちは何時間も暗闇の中、曲がりくねった洞窟のトンネルをはいまわり、誰も足を踏み入れたことのない場所を探索していた。だがこの岩の迷宮の奥深くにいては、これから起きることを知るよしもなかった。

 土砂降りの雨で、地上の川の水位が上がり氾濫した。洞窟の入り口にも水が押し寄せ、地下の迷路という迷路に一気に流れ込んできた。狭いトンネルを慎重に移動していたオグデンたちは、背後に押し寄せるものすごい水の音を聞いた。最初は足首までだった水位がたちまち首までいっぱいになった。

 唯一の望みは、頭上にある岩の小さな割れ目だった。オグデンはなんとか体を持ち上げて、岩の上の空気だまりに顔を出すことができたが、全員分のスペースはなかった。

 下にいたほかのメンバーは、トンネルが水でいっぱいになって、皆死んでしまった。オグデンだけが水の上に頭を出したまま、狭いクレバスにとらわれた状態になった。

 オグデンが発見されたのは、それから数日たってからだったが、狭い割れ目にはさまったまま彼は絶命していた。最後の空気を求めて必死にもがいたことだろう。

参考

1

https://youtu.be/JPmXdgHJIi8

3: 名無しさん 2018/06/29(金)19:14:03 ID:xKL
>>2
ヒエッ
関連記事

続きを読む

Source: 登山ちゃんねる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です