【山形県内で今シーズン初】「テングダケ」食べた男女2人が食中毒…7時間後に吐き気やめまい手足のしびれ

1: 名無しさん 2018/09/30(日) 00:31:39.35 ID:CAP_USER9
no title

有毒のキノコ「テングダケ」を食べた山形県酒田市の男女2人が食中毒症状を訴え、医療機関を受診したことが分かった。

食中毒症状を訴えたのは、酒田市のいずれも70代の男女2人。県によると、2人は27日、酒田市内の公園からキノコを採取し味噌汁にして食べた所、男性は約10分後に、女性は約7時間後に吐き気やめまい、手足のしびれなどが出て医療機関を受診した。

庄内保健所が調べた所、毒キノコのテングダケによる食中毒と分かった。現在患者2人は快方に向かっている。今シーズン、県内でキノコによる食中毒の発生は初めてとなる。

9月29日
http://www.sakuranbo.co.jp/sp/news/2018/09/29/2-12.html

【毒キノコ】「テングダケ」食べた男女2人が食中毒 7時間後に吐き気やめまい手足のしびれ 山形県内で今シーズン初


続きを読む

Source: 登山ちゃんねる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です