【大食漢】高校生がカワウ対策装置を開発 ドライアイスを入れてドローンで飛ばし、巣の中に落として繁殖を抑える/栃木

1: 名無しさん 2018/10/31(水) 01:10:46.54 ID:CAP_USER9
4

カワウによる漁業被害を無くそうと、宇都宮市の高校生たちがカワウの繁殖を抑えるための装置を国の研究機関と共同開発し、実証実験を行うことになりました。

カワウは体長80センチほどの大型の水鳥で、県内の鬼怒川などで放流したばかりのアユが食害にあうなど、漁業被害が全国的に問題となっています。
こうした中、国の中央水産研究所と宇都宮工業高校の生徒たちが、カワウの繁殖を抑えるための装置を共同で開発しました。

装置はプラスチック製で縦横10センチほどの箱形をしていて、ドライアイスを入れてドローンに取り付けて飛ばします。
カワウの巣を見つけて、箱の底から下に伸びた棒の部分を着地させると、底のふたが開いてドライアイスが落ちる仕組みで、卵を冷やしてかえらなくすることで繁殖を抑えます。

装置は、従来のものに比べて大幅な小型化に成功し、重さは半分以下の100グラム程度となって、操作もしやすくなったということです。
中央水産研究所では、実用化に向け来年の春の繁殖期に、県北部で新たに見つかった大規模なコロニーで、この装置を使った実証実験を行うことにしています。

宇都宮工業高校3年の阿久津侃也さんは「頑張って製作したかいがありました。実用化を強く願っています」と話していました。
中央水産研究所の坪井潤一主任研究員は「普及への大きな前進です。カワウの個体数の抑制につなげたい」と話しています。

1

10月30日 16時02分
栃木 NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20181030/1090003182.html

関連過去スレ
【群馬】ドローンでカワウ撃退!空気銃も効果 巣のコロニー、拡大阻止 大食漢のカワウ、1日にヤマメ稚魚200匹を食べる
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501825943/

【大食漢】高校生がカワウ対策装置を開発 ドライアイスを入れてドローンで飛ばし、巣の中に落として繁殖を抑える/栃木


続きを読む

Source: 登山ちゃんねる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です