絶景に美食、知られざる魅力が満載。ジョージア(グルジア)ってどんな国?

ジョージア

いまだ秘境の雰囲気が残るコーカサスの国、ジョージア。

日本では決してメジャーな旅先とはいえませんが、エキゾチックな街並みや雄大な自然などから、ヨーロッパでは人気の観光地です。

これから日本でも人気が高まっていきそうなジョージアとは、どんな国なのか。基本情報とその魅力をまとめてお伝えしましょう。

・ジョージア基本情報

ジョージアは、東西の文明が交わる南コーカサスに位置する国。かつてはソ連の構成国でしたが、1991年に独立を果たしました。日本では、近年まで「グルジア」と呼ばれてきましたが、ジョージア政府の要請により、2015年に「ジョージア」へと呼称を変更しています。

首都はトビリシで、国土面積は北海道より少し小さい6万9700平方キロメートル。人口はおよそ390万人です。

隣国アルメニアに次いで世界で2番目に古いキリスト教国であり、信仰はキリスト教のジョージア正教が多数。

カフカス系のジョージア語を公用語としていますが、ロシア語の通用度は依然として高く、観光地では英語もだいたい通じるので、観光に不自由はありません。

・文明の十字路

ジョージアが位置する南コーカサスは、東西の文明が入り混じるモザイクのような地域。紀元前からの歴史をもつジョージアは、古くから数多くの民族が行き交う交通の要衝であり、たびたび異民族による侵攻を受けてきました。

首都トビリシには、今もイスラム式の浴場や、ペルシャ風のバルコニー、モスクなど、その名残を示す、ヨーロッパとアジアが混じり合ったような独特のエキゾチックな街並みを形成しています。

異文化と異民族の影響を受けながらも、独自の文化や信仰を守り続けてきたジョージア。多数を占めるのはジョージア正教ですが、イスラム教徒も人口の10パーセント近くを占めているともいわれます。

・雄大な自然

ジョージアは、世界でも有数の豊かな自然を誇る国。北に大コーカサス山脈、南にはメスヘティ山脈が走り、西には黒海を望むジョージアは、国土の5割以上が山地、3割あまりが山麓地帯という山岳国です。

なかでも大コーカサス山脈は、5000メートル級の山々が連なる秘境の地。トビリシとロシアのウラジカフカスを結ぶジョージア軍用道路沿い、カズベギ村には「限りなく天国に近い教会」と称されるツミンダ・サメバ教会があります。

万年雪をいただく5000メートル級の山々に囲まれ、2170メートルの山頂に建つ教会は、ジョージアが誇る神々しい絶景です。

・バックパッカーの天国

物価が安く、居心地の良いジョージアは、バックパッカー天国としても知られています。なかでも、バックパッカー向けの宿泊施設が充実していて、交通の便が良く、食事場所も多い首都トビリシは、人気の沈没地。「意図せずここで長居してしまった」という長期旅行者も少なくありません。

トビリシの物価は、個室のゲストハウスが1000円未満(1泊2名)~、地下鉄は25円、カジュアルなレストランでの食事が1000円前後。首都にもかかわらず、西ヨーロッパに比べると驚くほど物価が安く、現地での滞在費は日本国内の2~3分の済んでしまいます。

人が良く、治安も比較的良いので、時間があればつい滞在が長引いてしまうのも納得できるというもの。

・美食の国

旅人のあいだで、ジョージアは「美食の国」としても有名。ロシアとヨーロッパ、アジアに囲まれたジョージアは、東西各地の食文化のいいとこどりをしてきたような国です。

ジョージアが「沈没地」として人気を集める一因には、食事がおいしいことも挙げられるでしょう。

肉や野菜、乳製品など、バラエティ豊富な材料を使ってまろやかに味つけするジョージア料理は、日本人の口にも良く合います。世界一周した日本人旅行者のなかでは、「ジョージア料理が一番おいしい」と断言する人もいるほど。

そんなジョージアを代表する名物料理が、「ハチャプリ」と「ヒンカリ」。ハチャプリはパンの一種で、チーズを包みこんで両面を焼いた厚いピザのようなものです。

ヒンカリはいわば餃子で、大ぶりで皮も分厚いのが特徴。中の具には、チーズや肉、野菜などさまざまなバリエーションがあります。

豆やきのこなどを使った煮込み料理なども絶品。見た目がユニークな料理が多く、さまざまなジョージア料理にトライしてみるのも旅の楽しみのひとつです。

・ワイン発祥の地

実は、ジョージアは「ワイン発祥の地」と呼ばれるワインの産地。

ジョージアのワインは8000年の歴史を誇るといわれ、古来からの伝統的なジョージアワインの製法はユネスコの無形文化遺産にも登録されているほど。伝統的なジョージアワインは、収穫したブドウを「クヴェヴリ」という素焼きのつぼに入れ、地下に埋めたまま発酵熟成を行います。

古くはクレオパトラや楊貴妃をも魅了したといい、高質なジョージアワインは「クレオパトラの涙」とも称されます。

日本にはまだあまり出回っていないジョージアワイン。おいしいジョージア料理とともに、本場の味に酔いしれましょう。

日本よりもずっと小さな国ながら、絶景に食にと、たくさんの魅力がつまったジョージア。あなたも行けばきっと好きになるはずです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

Source: GOTRIP!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です