【東京散歩】台東区・旧岩崎邸庭園で華麗なる近代建築の美にふれる

DSCF8566

クリーム色を基調とした洋風建築と、その手前にたたずむシュロの木・・・東京にいることを忘れてしまいそうな光景が広がっているのは、台東区池之端にある旧岩崎邸庭園。

かつてこの地には、三菱の創始者・岩崎弥太郎の長男・久彌が建てた岩崎家の本邸がありました。ジョサイア・コンドルが手がけた洋館と撞球室(ビリヤードルーム)、和館からなる建造物群は、日本の近代建築の先駆け的存在。今では、敷地全体が国の重要文化財に指定されています。

上野公園からほど近いところにある、5000坪もの広大な庭園。その敷地内に足を踏み入れた途端、一気に時間が逆戻りしたような、ノスタルジックなムードに包まれます。

これが個人の持ち物だったとは・・・敷地の広大さと建物の豪華さに圧倒されますが、現存しているのは昔の一部。往時は今の3倍にあたる1万5000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいたというから、ますます驚きです。

旧岩崎邸庭園に現存する3つの建物の中核をなしているのが、エントランスを入ると、正面に見えてくる洋館。鹿鳴館の建築で知られるイギリス人建築家、ジョサイア・コンドルの設計により1896年(明治29)年に完成した本格的洋風建築で、おもに客人を迎えるゲストハウスとして使われていました。

イギリス・ルネッサンス様式や、古代ローマ様式など、さまざまな建築様式を融合させた傑作で、17世紀イギリスのジャコビアン様式の装飾が随所に見られます。

その一方で、旧岩崎邸の洋館は、単に西洋のものをそのまま日本に持ち込んだわけではありません。ベランダは、高温多湿な日本の風土に合わせた仕様。建物全体が木造で、内部にも和紙をはじめとする日本の素材を採り入れた、日本流の西洋建築なのです。そのせいか、正面から眺めても、西洋の石造りの建物のような威圧感はなく、壮麗ながらどこか優しい印象を受けます。

洋館内部で最も目を引くのが、自然光が降り注ぐ3つ折れの大階段。

ダークウッドが醸し出す重厚な雰囲気と優美な装飾が印象的で、さながら劇場のような非日常感があります。かつてこの館に招かれた人々も、このホールの素晴らしさに感嘆の声を上げたのでしょうか。大階段前の柱には、ジャコビアン様式のつる草模様が採用されています。

2階の客室では、金唐革紙(きんからかわし)の壁紙に注目。金唐革紙は、ヨーロッパで内装に使われていた金唐革を和紙で再現したもの。和紙に金属箔を貼り、版木に当てて凹凸文様をつくることから、立体感と豪華な模様が特徴です。

さらに、2階の婦人客室に採り入れられている、イスラム風の装飾も見逃せません。ここに、「イスラム様式は日本と西洋をつなぐ様式である」というコンドルの考えが表れています。

洋館とは別に、離れとして建っているのが撞球室(ビリヤードルーム)。

これもコンドル設計の木造建築で、アメリカの木造ゴシックの流れをくむ、スイスの山小屋風の造りとなっています。当時ビリヤードは紳士のたしなみとされ、同じくコンドル設計の鹿鳴館(現存せず)にもビリヤードルームが設けられました。一見しただけではわかりませんが、実は洋館とは地下通路でつながっています。

建物内に立ち入ることはできませんが、入口から豪華な金唐革紙の壁などをのぞいてみましょう。

洋館と撞球室とはうって変わって、純和風の趣を漂わせているのが和館。現在ではこぢんまりとした建物ですが、完成当時は建坪550坪にもおよび、隣の洋館をしのぐ規模を誇っていました。

洋館がゲストハウスであったのに対し、和館は岩崎家の日常生活の場。ひのきや杉の大木がふんだんに使われており、船底天井の廊下には、長さ16メートルの一枚板が使われています。

洋館に比べると落ち着いた雰囲気ではありますが、和館も上質な素材を使用した贅沢な建物。非日常感に満ちた華やかな洋館も素敵ですが、深い味わいのある和館に入ると、一気に気持ちが落ち着きます。

「三菱」という名が表している通り、岩崎家の家紋は重ね三階菱。組子や釘隠しなど、和館の建具には、いたるところに菱紋のモチーフが隠れています。細部にいたる意匠への心配りには、日本建築の美意識の表れ。洋館とはまた違った、繊細な趣が感じられるはずです。

現代の東京の喧噪から離れ、しばし明治へのタイムトラベル気分が味わえる旧岩崎邸庭園。ロマンあふれる和様建築のアンサンブルを前にすれば、知らなかった東京の魅力にふれられるはずです。

2016年秋から、平日のみ館内の写真撮影が許可されるようになりました(フラッシュ撮影不可)。旧岩崎邸は、撮影意欲をかきたてるフォトジェニックスポット。できることなら、ぜひ平日にお出かけください。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

旧岩崎邸庭園
住所 東京都台東区池之端一丁目
開園時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

Source: GOTRIP!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です