【居酒屋探訪】青森の郷土料理と日本酒を味わえる最高の居酒屋 / 青森県八戸市の「ばんや」

IMG_7256

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。

それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、食い倒れの町大阪では、魅惑の豚足を味わえる「かどや」に、鴨の焼き鳥が味わえる「とり平」、そしてあの開高健も愛したクジラのおでんが楽しめるたこ梅、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

そんな美味しい居酒屋の中から、今回は、青森県八戸市が誇る最高の居酒屋をご紹介したい。

お店の名前は「ばんや」。

・創業1967年(昭和42年)の青森の郷土料理を堪能できるお店
こちらのお店、1967年(昭和42年)に創業した青森の郷土料理を堪能できるお店。

1967年(昭和42年)と言えば、東京では東急百貨店本店や小田急百貨店などの私鉄各社が運営する百貨店がオープンし、東京キー局でカラーテレビの本放送開始され、日本航空が世界一周線の運航を開始するなど、日本全体が好景気を謳歌し、将来に対する憂いなど微塵も感じる事が無かった時代。

そんな輝かしい時代に産まれた青森の郷土料理のお店は、いまなお多くのファンを魅了し続けている。
IMG_7239

・美味しい青森の海の幸と日本酒を合わせる
こちらのお店は、美味しい青森の郷土料理を楽しめるお店。

郷土料理に加えて、美味しい地酒を楽しめるのもこちらのお店の嬉しいポイントだ。
IMG_7242

まずは、青森の海の幸と日本酒を味わってみてもらいたい。

脂ののったヒラメに、軽くしめられたシメサバ、そしてタコの白子に、新鮮なイカの細作り。

そのどれもが非常に美味なのだ。
IMG_7245
IMG_7246
IMG_7249

もしウニが嫌いでなければ、ウニを追加で頼んでおきたい。

そのまま味わっても最高であるし、もちろん美味しいイカと一緒にウニイカとして味わっても最高だ。
IMG_7248
IMG_7251

そんな美味しい青森の海の幸を、青森の地酒で流す。

まさに青森だからこそ楽しめる最高の時間なのだ。
IMG_7243

・美味しい大皿郷土料理
海の幸を味わったのであれば、カウンターに鎮座している大皿の中から、好みの青森の郷土料理をオーダーしてもいいかもしれない。

中でもオススメは馬肉とごぼうを味噌と一緒に煮込んだ「ごぼうと馬肉の味噌煮」。

濃厚な味噌の味わいに、馬肉とごぼうの滋味溢れる味わいは、美味しい青森の地酒と良く合う。
IMG_7253

他にも美味しい季節の郷土料理がたくさんあるため、自分好みの肴を探しながら、美味しい青森の地酒を楽しめるのだ。
IMG_7244

特に寒い時期に美味しくなる青森の海の幸を楽しむために、冬の東北を楽しむ旅に出かけてみてはいかがだろうか?

そこには桜の美しい春、新緑の鮮烈な夏、艶やかな紅葉の秋とは異なる、美味しい季節の楽しみ方が存在している。

寒いながらも美しく輝く白銀の世界で、身の引き締まった美味しい海の幸と郷土料理を味わえば、これまでよりももっと、青森の事が好きになるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ばんや
住所 青森県八戸市朔日町4
営業時間 18:00~23:00
定休日 日曜・祝日

IMG_7240 IMG_7241 IMG_7250 IMG_7256 IMG_7254

Source: GOTRIP!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です